人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
建設国保偽装加入その後3
思いがけず、連載の形になってきました


建設国保問題。


ブログからのお問い合わせが増えてきたため、


できる限り書いていきたいと思っています。


昨日も、社会保険へ新規に加入する事業所の相談に


行ってきました。


奥様が持病をお持ちとのことで、保険証の発行を急ぐとのことでした。


前回も書きましたが、年金事務所に書類を提出してから審査などを


経て、協会けんぽにデータが回付され、それから保険証が郵送されますので


通常でも新規の場合は、手元に届くまで2週間はかかります。


今回の問題で、窓口は混雑していますので、それ以上かかる事が


予想されます。


そのため、当センターでも2~3日で申請できる体制を整えています。


さて、社会保険に新規で加入する際に問題となるのが、厚生年金に加入しなけ


ればならない点です。


わかりやすくいうと、厚生年金と健康保険は合わせて加入しなければなら

ないので健康保険にだけ加入というわけにはいかないのです。

(健康保険の適用除外の承認を受けた場合は例外です。)


そこが、今回の偽装加入が起こった要因のひとつとなっています。


厚生年金の保険料負担は、会社、本人とも重いものなので・・・



そして、今回、新たに厚生年金に加入したとしても受給資格(原則300月)


が満たせないために、払い損になってしまう人がいます。


建設国保に加入している間、国民年金にしていればまだ良かったのですが・・・


この問題は、何も建設業者だけのことではなく、あと数カ月足りないために


無年金の方が大勢います。受給資格要件の緩和は、一時話題に上がりましたが


立ち消えてしまいました。法改正が望まれます。


今回のケースは、社長は、厚生年金の期間が14年ほどでした。


2年分さかのぼると16年です。25年にはまだ遠いです。


しかし、あまり知られていませんが、受給資格を満たすのに

特例があります。


厚生年金の期間だけを通算した場合20年(240月)あれば


受給資格がつくのです。


年齢が61歳ですのであと4年かければ受給資格がつき


65歳から年金の受給が可能となります。


このことをご説明すると社長の顔が明るくなりました。
by sr-idaimae | 2010-11-18 08:57 | 三浦
カテゴリ
全体
三浦
いがらし
sato
法改正情報
よくあるお問い合わせ
助成金情報
遺言・相続
未分類

最新の記事
マタハラ
at 2013-06-10 12:00
胆管がん
at 2013-05-27 14:40
障害者の雇用状況
at 2013-05-18 13:53
建設業の社会保険加入強化へ
at 2012-03-05 10:57
改正育児休業法
at 2012-03-02 11:05
セミナーのご案内
at 2012-02-13 09:12
健康保険料の改定
at 2012-02-13 09:08
電子申請による離職票の交付2
at 2012-01-13 11:59
新年のご挨拶
at 2012-01-05 17:24
年末年始
at 2011-12-26 11:24

以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧